Greenroom Hawaii

Toshikazu Nozaka & Jef Hartsel Art Exhibition “No Beginning… No End” New Art Releases! Thursday 10/22 7-9pm at Greenroom Waikiki & Saturday 10/24 12-3pm at Greenroom Haleiwa

 

gr_hawaii

Share on Facebook
LINEで送る

MONOCHROME group exhibition at HHH gallery

MONOCHROME group exhibition
Curated by USUGROW

http://hhhgallery.com/exhibition-detail/monochrome/ ‎

Featuring
AARON HORKEY, MIKE GIANT, SHOHEI, KYOTARO
TOSHIKAZU NOZAKA, OZABU, SADAM, USUGROW

opening reception: June 13 (SAT) from 14:00 to 20:00
The event is free and open to the public

June 13 – July 12, 2015
12:00 — 20:00 on every SAT/SUN & National Holidays

at HHH gallery (http://HHHgallery.com)
2-21-17 Kosuge, Katsushika, Tokyo
東京都葛飾区小菅2-21-17

新緑溢れる仲夏6月、HHH galleryでは一転、モノクロームの作品達があなたをお迎えします。
鉛筆、シャープペンシル、ボールペン、マーカー、インクペン、筆。
アーティスト達はそれらのシンプルな道具をありのまま使って、無垢な紙、画布の上に、
余白を色彩に変えながらモノトーンの世界を紡ぎ上げます。引いていく潔さと足していく緊張感をもって。

マーカー1本で現代のアイコンを描き続けながらグラフィティ、タトゥーアーティストとしても活動するマイク・ジャイアント。

繊細なペン画と箔押し、エンボス、活版印刷などアナログな手法を追求した作品を製作するアーロン・ホーキー。

イラストレーターとしてボールペンで日本の現代風俗を描くSHOHEI。

日本の伝統、精神性を画家として表現しながらスケートボーダー、分身師としても活動する野坂稔和。

鉛筆によるドローイングで絵本制作や個展など、様々な分野でスピリチュアルなメッセージを発信するKYOTARO。

日々のスケートボードライフ、自然をインク&ペンで描くSADAM。

シャープペンシルで日本文化、ファッションの要素を織り交ぜながら漆黒のファンタジーを描くOZABU。

製図用ペンを使用した繊細なイラストレーション、筆によるカリグラフィで様々な媒体に作品を残してきたUSUGROW。

それぞれのアーティスト達は活動する分野は違いながらも、
時流に流されること無く培って来たシンプルでアナログな手法と技術は、
多様性極まる現代のアートフォームの中では、むしろ新鮮さと安心を感じさせます。
アーティスト達のこれ以上無いシンプルで達観したアプローチは、
多くの選択肢に迷う人々に小さなヒントを与えてくれるかもしれません。

各アーティストからはオリジナル作品、プリント作品が出展され展示販売されます (一部を除く)。
アーロン・ホーキー、マイク・ジャイアントの原画作品の展示は日本初となります。
また、全てのアーティストの作品が掲載されるジンも発売になります。

MONOCHROME (モノクローム展) は6月13日から、
本展示参加の国内アーティストを招いてのオープニング・レセプションも同日14時から20時まで開催。
予約不要・どなたも無料にて参加可能です。

HHH Gallery is pleased to invite you to MONOCHROME, a group show curated by USUGROW
featuring Aaron Horkey, Mike Giant, SHOHEI, Kyotaro, Toshikazu Nozaka, Ozabu, Sadam, and Usugrow.

The tools these artists use are simple: pencils, mechanical pencils, black markers, ink pens, ink brushes, and everyday ball-point pens. However, by carefully utilizing white space not as “blank,” but rather as information to describe space and color, these 8 artists transform pure, untouched white canvases and paper into detailed and complex monochrome landscapes. To achieve this, the artists must enter a fierce yet meditative state of resolve as they add lines to slowly weave their worlds.

MIKE GIANT: In addition to writing graffiti and designing tattoos, Mike Giant uses as single signature marker to depict modern icons.

AARON HORKEY: Aaron Horkey produces works through a variety of analogue techniques; gold-foil press, embossing, letterpress, and finely crafted pen and ink drawings.

SHOHEI: As an illustrator, Shohei uses ballpoint pen to depict modern-day manners and customs of Japan.

TOSHIKAZU NOZAKA: While representing Japanese tradition and spirituality through the lens of an artist, Toshikazu Nozaka leads a double life as a skateboarder.

KYOTARO: Through pencil drawings, Kyotaro shares her spiritual messages across a wide variety of spheres, including picture books and gallery exhibitions.

SADAM: Sadam renders everyday skateboarding life and nature scenes in pen and ink drawings.

OZABU: Interweaving elements of fashion and Japanese culture, Ozabu uses a mechanical pencil to draw jet-black fantasy.

USUGROW: Usugrow has made his mark on the art world creating artworks in various mediums, namely brush calligraphy and detailed illustrations using technical pens.

Within their respective spheres of the art world, each of these 8 artists have rejected hi-tech market trends, instead returning to simple, analogue methods of creation. In an age where the art world overflows with an abundance of art styles, their traditional approaches to craftsmanship stand out, providing a sense of relief and freshness to viewers who may otherwise find themselves lost in the massive sea of choices.

In addition to original artworks, prints created by each artist will be displayed and available for purchase at the gallery (some artworks excluded). This will be the first-ever Japan exhibition for artists Aaron Horkey and Mike Giant. A Zine featuring artworks by all artists participating in the show will be sold at the gallery.

 

flyer_web

Share on Facebook
LINEで送る

GREENROOM FESTIVAL ’15

今年もGREENROOM FESTIVALにアートワークの展示、ライブペイントで参加します。

是非皆さまのご来場お待ちしております。

 

下記オフィシャルサイトにて詳しい情報が随時更新されてますのでご確認下さい。

GREENROOM FESTIVAL ’15:http://greenroom.jp/

Web_Top-04-1200x493

Share on Facebook
LINEで送る

INDEPENDENT×Toshikazu Nozaka シルクスクリーンプリント

ASIAN WAVE studioにて新商品をリリース致しました。

2015年1月に全国のINDEPENDENT TRUCK.CO正規取扱店で発売予定の商品を僅かですがASIAN WAVE studioにて先行販売致します。

INDEPENDENT×Toshikazu Nozaka
シルクスクリーンプリント

“THE GOD OF SEA” シルバーエディション 限定50
サイズ:540mm×380mm
サイン、エンボス、シリアルナンバー入り
¥8,640

“THE GOD OF SEA” 限定200
サイズ:540mm×380mm
サイン、エンボス、シリアルナンバー入り
¥6,480

 

ONLINE-STORE “ASIANWAVE STUDIO”

http://asianwave.theshop.jp/

 

10352192_768901236498124_8227644997617451495_n 1510885_768901173164797_8427432155120731114_n

Share on Facebook
LINEで送る

DRAGON 2014-2015 モデル NFXS NOZAKA DAP

DRAGONよりToshikazu Nozakaによるデザインの
ゴーグルが今シーズン、リリースとなりました。

DRAGON 2014-2015 モデル NFXS NOZAKA DAP 《J.BLUE STEELD》 ゴーグル ジャパンフィット
税込価格 21,384円

JAPAN LENS:日本人向け改良型レンズ
JAPAN FIT:日本人の顔にフィットするよう研究史改良された特殊フォーム
BUCKLE STRUP:脱着の容易なバックル式ストラップ
BONUS STICKER:全てのゴーグル1つに1枚、ステッカー付き

・特許取得フレームレステクノロジー
・熱形成された円筒レンズ
・スーパーアンチフォグ
・アーマードベンチレーション
・100%UVプロテクション
・トリプルフォーム w/ 低アレルギー性のマイクロフリースライナー
・シリコンバックル
・ヘルメット対応

《レンズについて》
J.BLUE STEEL~可視光線透過率45%-60%
J.PINKに強いブルーのミラー加工で、視界はイエローが強めになります。暖色のピンクと暖色にイエローの掛け合わせなので暖色が眼に遭う方に最適といえます。
ベースレンズ:J.PINK
ミラーコーティング:BLUE STEEL
晴天~曇り

 

1454768_751718588216389_8990217426460804523_n 1010124_751718608216387_5337207530991535238_n 10801_751718598216388_2349197898918541665_n

Share on Facebook
LINEで送る

暁斎プラスワンシリーズ22 野坂稔和 波の戯画展

企画展 妖怪図-奇々怪々あやしの世界展
同時開催 特別展 暁斎プラスワンシリーズ22 野坂稔和 波の戯画展

会期:5月2日(金)~6月25日(水)
[休館日:毎週木曜、5/26~31]

 

アクセス:http://kyosai-museum.jp/hp/access.html
内容:
【企画展】
暁斎の描く幽霊や妖怪は人気の高い画題です。本展では、暁斎とその一門が描いた楽しい妖怪、さらにはおどろおどろしい幽霊図も展示し、お楽しみいただきます。

 

野坂氏による展覧会紹介:
画家、文身作家、スケートボーダーとして国内外で活動する野坂稔和(のざか としかず)氏による戯画を中心とした作品を展示致します。 近年スケートボードなどのアクションスポーツの世界で幅広く支持され、多くのデザインを提供する傍ら、日本の絵師の系譜を意識した数々の作品を発表。 その作家が最も尊敬してやまない河鍋暁斎の記念美術館での初展示となります。

 

プロフィール:野坂 稔和 (Toshikazu Nozaka)
野坂稔和氏公式サイト
東京都出身。幼少の頃からプラモデル製作、オブジェ制作、絵画、スケートボードに夢中になり10代、20代をプロスケートボーダーとして過ごす。 同時に日本伝統刺青の道に入り現在は彫師、画家、スケートボーダーとして国内、海外で活動し、毎年個展、グループ展等で作品を発表する傍ら様々な分野にアートワークを提供している。 作品の制作における根底には江戸末期から明治にかけて活躍した日本の絵師への尊敬と憧れがあり、そこから平成の現代に何を生み出せるのかを日々の目標にしている。

 

妖怪図-奇々怪々あやしの世界展

 

妖怪図-奇々怪々あやしの世界展

Share on Facebook
LINEで送る

TOSHIKAZU NOZAKA NEW WEBSITE LAUNCHED.

TOSHIKAZU NOZAKA NEW WEBSITE LAUNCHED.

THANK EVERYONE FOR YOUR SUPPORT. STAY IN CONNECT!!

 

オフィシャルウェブサイトがリニューアル・オープンいたしました。

引き続き野坂稔和、ASIANWAVE STUDIOをよろしくお願いします。

 

TOSHIKAZU NOZAKA OFFICIAL WEBSITE

 

TOSHIKAZU NOZAKA OFFICIAL WEBSITE: http://toshikazu-nozaka.com/ 

ASIANWAVE STUDIO ONLINE STORE: http://asianwave.theshop.jp/

Share on Facebook
LINEで送る

STANCE x TOSHIKAZU NOZAKA

90 年代にプロスケートボーダーとして活躍し、現在は現代美術家/ タトゥーアーティストとして活動する野坂稔和とのコラボレーションモデルがリリースとなりました!
日本人アーティストとの初のコラボレーションとなる今回のモデルは野坂氏 がこのモデルの為に書き下ろしたデザインを採用。
独自のタッチで表現した、ホワイトのソックスに映える鮮やかなデザインは、ショーツやロールアップしたデニムに合わせてもさりげなく覗くよう配置され、どんな着こなしにもマッチする仕上がりになっています。

 

PHOTO BY YOSHIFUMI SHIMIZU

 

STANCE×TOSHIKAZU NOZAKA

Share on Facebook
LINEで送る